木造住宅の耐震補強、バリアフリー化、介護リフォーム、各種増改築(リホーム)・新築。三重県津市の工務店、モリセイです。お客様にささえられて創業125年を迎えました。
HOME











台風被害

平成30年は4度の大きな台風が通過し、大きな被害が出ました。
被害の多かった部位別に取り上げました。

屋根瓦は今回一番多く
被害を受けました

飛んだ瓦が1階の瓦を割るという被害が
多く見られました

コロニアル屋根などの棟の笠木が
飛ぶ被害も多くありました。

中の木が腐り、釘が浮いているなどで
確認できます。

瓦の対策としては、ラバーロック・部分的にビス止めなどが有効です。

軒天のメクレ
軒天は目視で分かりますので、
早めの修理が必要です。

そのまま放置すると屋根のメクレなどの
被害が出る場合があります

カーポートなどの波板の被害

一定の風速以上の風が吹いた場合、
屋根が飛ぶように設計されているため
致し方ありませんが、補強などの
対策はとれます。

板金屋根のメクレ
早めの塗装などメンテナンスが必要です

樋のはずれ
樋を括り付けている銅線が切れている
場合が多いです。日頃の点検が必要です。

▲ページの先頭へ

モリセイのお客様の輪

豚肉の大西屋

竹炭の販売

三重県津市寿町4番20号  TEL : 0120-704-889
モリセイ(森清工業有限会社)